医薬品の個人輸入ならベストケンコー

ベストケンコーとは医薬品の個人輸入代行サイトです。
数多くある医薬品輸入業者のなかでも定番だと言えます。
医薬品の個人輸入というとまだ一部の人しか利用していないサービスなので、知らない人も多いかもしれません。
個人的に医薬品の輸入をするのは問題ないのかと不安に思う方もいるかもしれませんが、個人が自分で使うために医薬品を個人輸入するのは法律でも認められています。
この際特に書類などを書く必要もなく輸入することが出来ます。
輸入する際に税関の検査を受ける必要はありますが、それ以外は特に特別なことはないのです。
なお輸入した医薬品の取り扱いには少し決まりがあります。
あくまでも個人が自分で使うことを前提としたものが認められているだけなので、その医薬品を勝手に販売するのは禁止されているので注意してください。
また自分と同じ症状に悩んでいる人や、自分が使っていいと思ったものは人に勧めたくなりますが、この場合に個人輸入で入手したくすりを渡すのは禁止されています。
言葉でおすすめする分にはなにも問題はありませんが、くすりをあげるのは良くないと覚えておきましょう。
きちんとルールを守って利用することが大切です。
ベストケンコーが人気な理由のひとつに、ジェネリック医薬品の取り扱いが豊富なことがあります。
ジェネリック医薬品は最近よく耳にしますが、新薬の特許が切れた後にそのくすりと同じ成分を用いて作られたくすりのことを言います。
そのため十分な効果が期待できるのに、価格はリーズナブルだと多くの方に利用されているのです。
日本ではジェネリック医薬品の取り扱いはありますが、それはごく一部のものに限ります。
世界には幅広い症状に効果のあるジェネリック医薬品がたくさんあります。
しかしそれが日本で販売されるには、まず日本が承認しなくてはならないのです。
日本は先進国のなかでもこの承認が遅く、承認されてるのを待っていたらいつになるか分かりません。
そこで医薬品輸入業者を利用する人が増えているというわけです。
ジェネリック医薬品で特に人気があるのが、低用量ピルやアフターピル、そしてED治療薬にAGA治療薬です。
これらは日本では病院に行き診察を受けてからではないと、処方してもらうことが出来ません。
しかしベストケンコーでは医師の診断書や処方箋は必要なく買うことが出来ます。
これらの症状は大変デリケートなものです。
そのため病院に行くのをためらう方も多いのが事実です。
しかしこちらのサイトを利用すれば、病院に行かずにくすりを入手でき、症状を改善できると多くの方に喜ばれています。
デリケートな悩みのくすりを多く扱っているので、梱包にも気を使ってくれています。
梱包にはくすりの名前などはなく、医薬品ということしか記されていないので、中身がバレることはまずありません。
またそれでも心配だという方は、荷物を郵便局留めにすることも出来ます。
さらに嬉しいことに送料は全国どこへでも無料となっているのです。
そんなことからリピーターがとても多いサイトです。

関連記事: