ベストケンコー頼みの綱の医薬品輸入業者

ベストケンコーというサイトがあります。
薬の個人輸入代行業を行う会社です。
まず薬の個人輸入は決まりごとは多いですが法律上で許可されています。
その代行を行うことも同様の許可がされていて違法ではありません。
個人輸入とは日本では本来流通させてはならない品物を個人的に輸入することです。
個人輸入という言葉があるのも基本的には個人的には簡単に輸入ができないからです。
輸入は規則や規制や納税など色々あり複雑なものです。
動物や植物ならば生態系の破壊など悪影響を与えるものは取り扱いが難しく、輸出入が禁止されているものは多いです。
薬ならば日本で危険性が未知だったり、日本人の体質や安全基準などの見地から安全性が確立していないものを流通させないような法律があります。
危険な薬を国内に入れないという目的が主ですが、危険性が不明瞭だからという理由だけとか全てシャットアウトしていては困る人もい出てきます。
例えば外国で治療を受け、その薬が日本では処方できない場合などです。
そういった一部例外的な人への対処として個人輸入が許されているのです。
個人輸入で薬を入手する場合は、自分自身で使用するといった場合に限られていてます。
他人に売ったり譲ったりすることはしてはいけません。
それから輸入量は法律では2ヶ月分まで許可されています。
このルールを守れば個人輸入をしても良いというわけです。
少し前述しましたが、外国で受けた薬物治療を今後も継続する必要がある場合や、海外からきた旅行者が常備薬として携帯する場合など、必要性のある人への例外的配慮なのです。
輸入をする際には国へ所定の書類を提出して違反する輸入でないことの証明を受けなければなりません。
一定の範囲内ならば特例的に税関限りの確認で通関できるそうです。
しかし何が良くて何が悪いかもわかりませんし、手続きも正直面倒です。
そして輸入の素人であったり医療の素人であったりする一般人では何が違法で危険かもわかりません。
その辺りのフィルターの役割としても個人輸入代行業は良いと思います。
ベストケンコーへのユーザーの声をみても好評な声は多く、使用量を調節したり、既知の良性の副作用なども分かって使っているみたいです。
ベストケンコーでは商品が届いた感想を画像と一緒に送付することでもれなく全員に500円のストアクレジットが貰えます。
その辺の仕組みもあって信頼性は高いと思います。
用心に越したことは無いですが大きな会社であれば法律には遵守していると思います。
特に新しいサービスなのでその辺りは気を付けていると思います。
とりわけインターネット上という部分において気をつけているはずです。
インターネットは匿名性があるために本音が出ますし批判も多く、それが世界配信されるので便利でも一度付いた汚名を返上するのは至難の業ですから。
利用する側として特に注意するのはそのサイトが本物かどうかという点でしょう。
最近はフィッシング詐欺というのでポータルサイトや銀行の利用者も被害にあっています。
そこまで巧妙でなくても始めて使う場合ならそのサイトが本物かどうかを見極めるのが重要です。

関連記事: