ジェネリック医薬品を買うなら

日本で買うことができるお薬は、薬事法にのっとり販売されているものです。
そして、厚生省が認可したお薬でもあります。
病院でも処方されるお薬は、健康保険が適用されていることから、その値段も安く感じますが、実際の金額を見ると驚くほどの金額です。
健康保険が適用されるからこそ、価格の3割で購入することができます。
それでも、日本の物価は上がる一方で、薬がいくろ健康保険の適用でもだんだんと負担率を重くさせられていくのではないかと懸念の声もあります。
そこで、日本でも海外医薬品であるジェネリックを処方することも出来るようになってきました。
ですが、申出をしなければならないということと、扱う薬の種類も少ないということです。
さらに、世界ではジェネリックを一般家庭で利用しているのが6割に対して、日本ではたったの15%程度です。
ED治療薬については、日本で認可された薬、バイアグラがあります。
一時期、国内で流行語となったくらい、注目された薬です。
その後に、レビトラとシアリスが認可されました。
しかし、認可されたお薬ではあるのですが、困ったことに健康保険の適用ができないということと、お薬の1粒単価がとても高いということです。
1粒、1500円以上もすれば、いくらEDで悩んでいる男性でも、買うにも懸念してしまいます。
そこで利用したいのがジェネリック医薬品のED治療薬です。
ジェネリック医薬品であれば、同じバイアグラでも、1粒単価がかなり違います。
名前の表記が違いますが、同じ効能を持っています。
では、どこでそのジェネリック医薬品を買うかですが、インターネットの個人輸入代行サイトで購入することができます。
とはいえ、本当に大丈夫なのかと懸念の声が上がるでしょう。
信頼と安心をコンセプトに販売しているのがベストケンコーです。
こちらでは、ED治療薬だけでなく、ホルモン剤や育毛剤といった1000を超える種類の薬やサプリメントにコスメといったものを扱っています。
個人輸入というのは、あくまでも個人で輸入したお薬のことです。
通関を切るには、手続きに手間がかかるのですが、それを代行してくれるのが、個人輸入代行なのです。
ゆえに、あくまでも自分で輸入したものとなります。
日本の薬事法では、輸入に対してのお薬は販売や譲渡はできません。
ですが、あくまでも自分使用で使うのであれば、法律違反にならないのです。
あくまでも自分使用ですから、より寄せることが可能ということになります。
ただ、注文する個人輸入代行サイトでも、確かなところで注文しないと、健康被害の懸念もあります。
ですから、優良なサイトですと薬に対して慎重なのです。
ベストケンコーでは、輸入した薬を薬剤師が厳しく成分検査をしていますし、また、古いお薬は販売しません。
そういったポリシーを持って販売しているので、お客様からの信頼も厚いのです。
だからこそ、リピーターも多くいます。
ジェネリック医薬品に興味があるのでしたら、一度ベストケンコーのホームページを閲覧ください。

関連記事: